Kao's cozy time

旅すること、食べること、料理すること、楽しいこと大好き!Kaoのcozy timeへようこそ♪

初めてのホームベーカリーで春のパン祭り♪ 最終章ー パナソニックHBで食パンの味の違い比較ー

こんにちは!

Kaoです。

 

今回は春のパン祭り最終章です!同じHBでも焼き方(メニュー)の違いで味や食感にも違いがあるのか?!を比べてみました(^^)

今回使用するホームベーカリーはパナソニックSD-BM1001(1斤タイプ)です。

なぜこの機種を選んだか?の理由はこちらをご覧ください。↓

 さて、この機種には食パンだけで下記4種類あります!

メニュー1. パン・ド・ミ(焼き時間4時間50分)

メニュー2. 食パン(焼き時間4時間)

メニュー3. ソフト食パン(4時間20分)

メニュー4. サンドイッチ用食パン(3時間)

 

今回はこの4種類の食パンを下記の点を比較しました。

①材料の比較、②焼き方、③見た目、④生地の食感、⑤味

材料の比較はパナソニック独自製法のパン・ド・ミの材料を基本として比べてみました。

 パン・ド・ミの材料は下記7品です。

◆強力粉・・・250g

◆バター・・・15g

◆砂糖・・・17g

スキムミルク・・・6g

◆塩・・・5g

◆水・・・190ml

ドライイースト・・・1.4g

 

基本的に食パンの材料は上記7品以外は使いませんが、食パンの種類によって若干分量が変わってきます。

 

まずは、メニュー1. パン・ド・ミ(焼き時間4時間50分)

①材料の比較・・・基本の7品です。

②焼き方・・・練り→ねかし→練り→発酵→焼き。発酵時間が1番長い焼き方になります。

③見た目・・・パンケースから頭が飛び出すくらい高い山型の焼き上がりです

④生地の食感・・・外側の生地がパリッとしているのに中はモチモチ、弾力がある。気泡が大きめ。

⑤味・・・バターの風味が強くて香りがよく、比較的塩分が強めの味。フランスパンのような味わい。特に皮の感じがフランスパンの味に近く感じました。

 

↓パンケースからはみ出している山形食パンです。(パン・ド・ミ)

f:id:taroandjiro:20160429184511j:plain

f:id:taroandjiro:20160429181547j:image

 気泡は大きめ。

f:id:taroandjiro:20160429181629j:image

 弾力があります!

f:id:taroandjiro:20160429181708j:image

 

次はメニュー2. 食パン(焼き時間4時間)

①材料の比較・・・バターが5g少ない、水が10ml少ない、ドライイースト2倍。

②焼き方・・・練り→ねかし→練り→発酵→焼き。発酵時間はパン・ド・ミの3分の2くらいの時間です。

③見た目・・・パンケースから頭が飛び出すくらい高い山型の焼き上がりです。

④生地の食感・・・外側の生地がやわらかく、モチモチ、弾力がある。気泡は少し小さめ。

⑤味・・・小麦の味がしっかり出ている。バターの風味は少な目に感じた。やわらかく食べやすい味です。

 

↓パンケースからはみ出している山形食パンです。(食パン)

f:id:taroandjiro:20160429181752j:image

f:id:taroandjiro:20160429181831j:image

 気泡は少し小さ目のものがたくさんある感じ。

f:id:taroandjiro:20160429181857j:image

 生地はモチモチ。

f:id:taroandjiro:20160429182003j:image

 

次はメニュー3. ソフト食パン(4時間20分)

①材料の比較・・・水が10ml少ない、ドライイースト2倍。

②焼き方・・・ねかし→練り→ねかし→練り→発酵→焼き。練りの時間が長く、発酵時間はパン・ド・ミの3分の1くらいの時間で短めです。

③見た目・・・パンケースから頭が飛び出し、上の蓋部分に届いて跡がつくくらい高い山型の焼き上がりです。

④生地の食感・・・外側の生地がやわらかく、中はさすがソフト食パン!ふわふわで柔らかい。にしっとり。気泡は多め。

⑤味・・・バターの風味が強く、やわらかく食べやすい味。パン・ド・ミとほとんど同じ材料なのに甘さが強く感じられる味です。

 

↓パンケースからはみ出している山形食パンです。(ソフト食パン)

※膨らみが大きいため上の蓋の跡がついてます。

f:id:taroandjiro:20160429182119j:image

f:id:taroandjiro:20160429182158j:image

 外側の皮も中身もふんわりやわらかい。

f:id:taroandjiro:20160429182226j:image

f:id:taroandjiro:20160429182312j:image

 

最後はメニュー4. サンドイッチ用食パン(3時間)

①材料の比較・・・バターが5g少ない、水が20ml少ない、ドライイースト2倍。

②焼き方・・・練り→ねかし→練り→発酵→焼き。練りの時間はパン・ド・ミと同じくらいの長さ、発酵時間はパン・ド・ミの半分くらいの時間で短めです。

③見た目・・・パンケースの3分の2くらいの高さで低めの焼き上がりです。

④生地の食感・・・外側の生地はやや硬め、中はもっちり、ふわふわ感はあまりない。気泡は今までの食パンに比べると少な目できめが細かい感じ。パンの背が低い分ずっしりと重みを感じます。

⑤味・・・塩分が強く感じられる味。他の食パンに比べてずっしりしているので食べ応えがあります。

 

↓パンケースの3分の2ほどの高さしかない低い食パンです。(サンドイッチ用食パン)

※明らかに今まで作った食パンと雰囲気が違います。

f:id:taroandjiro:20160429182332j:image

 四角いフォルム。

f:id:taroandjiro:20160429182406j:image

 気泡は少な目。ギュッとつまった感じ。

f:id:taroandjiro:20160429182432j:image

 もっちり感。ふわふわ感は無し。

f:id:taroandjiro:20160429182453j:image

 

まとめ。

若干の分量違いはありますが、ほとんど使う材料は同じなのに、焼き方(発酵、ねかしかた)の違いで味や食感に違いが出ることがわかりました。

個人的の好みランキングでは、下記順位になりました!

1位・・・ソフト食パン(甘みが感じられてふんわり食感(≧∇≦))

2位・・・パン・ド・ミ(パリっとした皮、フランスパンが好みの人にオススメ!)

3位・・・サンドイッチ用食パン(ずっしりとした食べ応え)

4位・・・食パン(安定の美味しさ)

1位と2位は私の中で僅差でしたが、ふんわりやわらか~なほんのり甘いソフト食パンが勝利を勝ち取りました!

パナソニック独自製法のパン・ド・ミはドライイーストが通常の約半分、外側のパリッとした食感と中のもちっとした味が食パンというよりはフランスパンっぽいのでフランスパンが好みの人にはおススメです(^^)

 

いかがでしたか?

今回の春のパン祭りは無事(?)最終章を迎えることができました!

次回は夏?もしくは秋のパン祭りを開催予定です♪